■ モノクロプリント2

我々が主にやっていたプリントとは、ネガ現像がまずスタートラインで、勿論焼きやすいような現像がベストであるという前提で、
ネガが出来上がったら、セレクトを終えて、選んだ写真のまずはストレート焼く。
どう焼くかはその人のセンスに任せるとして、例えば操上和美(私のアイドル)さんを例にとれば、1回だけその焼きの技を公開したことがあった。貴重な資料だ。
雑誌「スイッチ」の為のエディトリアル作品。
a0122913_16223867.jpg


これは調子を整えるために自分なりにいじってしまったので、純然たる操上作品とは言えないけれど
彼はここまで持ってくるのに 以下の焼きの設計図を作り、六本の手で焼いていったそうだ。
モノクロプリントを作る作業とはそう言うモノで、モノクロで焼きましたよ、はい、と言ったモノでは断じてない。
今風で言えばこれをどうデジタルエディットでやってくか、それをどの手法で陽画にしていくかってことだろう。
a0122913_16304542.jpg

ネガ現像自分でやってみましたぁー、暗室で焼いてみましたぁー、綺麗で感動しましたぁーってのは
写真学校の一時間目のプリントの授業のそれで、それ以上ではない。
ちょっと前まで、写真女子もちゃんとここまで追い込んでプリントしてたものだけど・・・・。
by sa55z | 2012-11-04 16:37 | 写真 | Comments(10)
Commented by yoshipass at 2012-11-04 18:47
こういった、硬派な記事、もっと所望ですm(__)m
Commented by sa55z at 2012-11-04 19:18
えー、 yoshipassさん、ラーメン記事じゃだめ??
Commented by yoshipass at 2012-11-04 19:38
いえいえ、ワークショップのつもりで読んでますから!(^^)!
Commented by ken_kisaragi at 2012-11-04 21:22
玄光社 「B&Wプリントワークと暗室」の記事ですね。
同じく玄光社「B&Wプリント処理の実際」、
この二冊はご利益あるよう枕元に置いてます。 

覆い焼きアシスタントはチョンボすると怒られるんだろなぁー と想像します(汗)
Commented by sa55z at 2012-11-04 21:28
yoshipassさん
そのうち、暗室教室なんてやりたいんですが、そのころはもう感材が手に入らないだろうなって。
Commented by sa55z at 2012-11-04 21:31
ken_kisaragiさん
よくご存じですね。玄光社の本は結局読み物です。
座右の名著は暗室百科ですね。大変実用的です。
ところでサンダースは良いですよ。直角きちっとでます。
Commented by ken_kisaragi at 2012-11-04 21:56
暗室百科 持ってますよ
あと、写真工業出版の「ファインプリントテクニック」
有名なアダムスの洋書とか・・・もちろん知識と技術はベツモノでして、
まだまだ七転八倒です(汗)
16×20を16,000円でゲット! 喜ぶのは届いて動作確認してからですね(笑)
Commented by west0731 at 2012-11-04 23:59
こちらのブログでははじめまして!
お気に入り登録?出ているか確認してみてください、いろいろ試してみました。結果も教えてくださるとありがたいです。
モノクロプリントは難しいですね。奥が深くて楽しいですが、技術がないものでときどき投げ出してしまいます…。
Commented by sa55z at 2012-11-05 06:50
ken_kisaragiさん
あはは、全部お持ちでしたね。
こんな時代ですから、現像液自家製にしなければならないとか、印画紙を作らなきゃいけないとか
そんなのが役立つようになるとは想像もしてませんでした。
16X20のサンダース私も使ってますよ。ベストのイーゼルですね。しかし良く見つけましたね、しかも安価に。
Commented by sa55z at 2012-11-05 06:52
west0731さん
アー良かった、お気に入りが貼れました。これでRSSが飛んできます。
良質なblogがまた増えて嬉しい次第です。
モノクロは凄く面白いのですが、こんな時代になっちゃって残念です。
<< ■ モノクロプリント3 ■ モノクロプリント >>