■ マッシモ・リストリ写真展

「奥行きへのまなざし」と名付けられた写真展
入るなり、いきなり圧倒された。

サイズから8X10の大型カメラで撮られた、イタリアの図書館を中心とした写真群。
印画の大きさ(120㎝X150㎝)も圧倒的だが、その被写体のすごさに圧倒された。
コレが文化だ。コレがイタリアだ。コレが写真だ。
圧倒的だ。圧倒の洪水だ。
ああ、大判でこういう写真を撮りたい!

5月5日までの予定が、好評につき19日まで延長されている。
大判写真好き、欧州図書館好きの方々いかが?全部で40点。
九段のイタリア文化会館で公開中。

a0122913_2318326.jpg
a0122913_23203480.jpg
a0122913_23201339.jpg
まるで昔の杉本博司の作品を見ているような錯覚。
[PR]
by sa55z | 2012-05-10 23:25 | ご案内
<< ■ MBの宇宙 ■ インク >>