<   2012年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

■ IMAXシアター

アンダーワールド「覚醒」をIMAXシアターで見る。
ミラ・ジョヴォヴィッチも美しいが、このケイト・ベッキンセイルの美しいこと強いこと、という話は置いておいて
3DはIMAXで見る物なのだという事がよーく分かった。

スクリーンがやたらに明るい(3Dは相当強力な2台のプロジェクターを同期させるのだ)
音が四方八方と飛び回る。
振動の地響き、炸裂する爆音。
そして飛び出る映像。

IMAXを一度見てしまうと、普通の3Dはもう見られない。

少し薹が立ってきたが、相変わらず美しい。
a0122913_21503966.jpg
a0122913_21502276.jpg



*少し前までのIMAXは普通の映画より大きなフィルム(中判用程のでかいフィルム)で専用映画館で
上映されていた。その画質は圧倒的だったが、残念ながら商業映画が非常に少なかった。
a0122913_21554316.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-29 21:59 | 映画

■ 駐車違反

特に業務中の駐車違反には気をつけましょう。

a0122913_1592639.jpg

@Tumblr
[PR]
by sa55z | 2012-02-28 22:06 | 無題

■ 四字熟語

去年はトイレに教育用にと、「ことわざ日めくり」掛けていた。
今年は四字熟語にしてみた。
今週末は動物を2種含む四字熟語だそうで、いわく

牛飲馬食
陶犬瓦鶏
意馬心猿

だそうで、全部自分の事を言い表していた。
なんということ!

a0122913_2229197.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-27 22:09 | 無題

■ ボケ

世の中、ボケの事をとやかく言う方(おじさん)がいらっしゃいますが
どのボケがよろしくて、どれが悪だか良く判りません。
このはどちらに賊するボケなのでしょう。
惚けないうちに勉強しときゃなきゃ。
a0122913_22172712.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-25 22:18 | 写真

■ 春の予感

日差しはもう十分暖かい。
a0122913_2325463.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-24 23:03 |

■ 明日に向かって

今日は2番目の月。
手が切れそうな鋭い月。
a0122913_2143423.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-23 22:09 |

■ 生きるkoto/死ぬkoto

歳が進めば誰でも考えるのだろう、死ぬこと。
それもそんなに遠くないうちに死ぬこと。
いろんな人が、死ななくてもいい歳のうちに亡くなって、自分もそろそろかなともうけど。
それ以前に、やはり何で生きているんだろうと、よく考える。
どうも長いことそんな事を、どうしてどうしてと逡巡していると、あ、なんだ
生きるために生きているんだと、いとも簡単な結論が出たりする。
なんの意志もなく生まれ出て、だらだらと生を貪って、いろんな事に出会って経験して、
仕事もし趣味に没頭し結婚し子供も出来て
後付けの理由は山ほどあるけれど、どうも突き詰めてみると、死ぬために生きているんじゃなくて
どうも、生きるために、一生懸命生きているような気がしてならない。
a0122913_21323840.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-22 22:19 | 無題

■ 瞬間的海外

極々希に、家族でホテルの朝食を食べに行きます。
瞬間的な海外旅行気分。
海外に行くより安上がりでしょ。
a0122913_22303326.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-02-21 22:10 | 東京

■ EVHの教則ビデオ

もうこの方上手すぎです。素晴らしいです。
大阪のたこ焼き屋さん。
ビデオ撮影が、自分のお店の中というのが渋い!
しかもアンプがマーシャルの安物アンプというのが凄すぎ!(MG15だって)
この弾き方ビデオも絶賛発売中だとか。
勿論購入しましたよ。
さ、明日のエディーを目指しましょう!

ギターはカメラなんかよりよっぽど面白い。

その他色々弾いていらっしゃいます。素晴らしい!!!!
[PR]
by sa55z | 2012-02-20 22:13 | 音楽

■ 「油そば」と「まぜそば」

そばと書いたが、勿論ラーメンのカテゴリー。
詳しくは判らないが、油そばとまぜそばは別物。
「油そば」の歴史は古く武蔵境のラーメン屋珍珍亭が元祖とかでもう何十年も前から(昭和30年代から)あるという。
方や「まぜそば」。油そばが、辣油や酢を混ぜて食するのに対し、さらりとした少し濃いつゆを絡めて食べる。
油そばのペチャペチャ、ネバネバ感は希薄。
しかしどちらも麺主体でスープの楽しみはなく、ひたすら麺を食べる。

下の2つはどちらも「まぜそば」系。1つは汁なし担々麺。もう一つはまぜそば専門店のまぜそば。
うーんだね、両方とも。スープファンとしてはやはり寂しい。

1.麺や輝の穴汁なし担々麺
a0122913_21225064.jpg


2.秋葉原mazeruまぜそば
a0122913_21231463.jpg

やはり、ラーメンはスープ命だな、私は。
[PR]
by sa55z | 2012-02-19 22:20 | ラーメン