<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

■ 白たまり醤油ラーメン

東武二日目。
小樽初代本店では一日限定30食。
ここ東武デパート催事場では限定150食。
あまり、「限定」という言葉に踊らされるのは好きではないが、ものは試しと取ってみる。
旨い,コレは旨い!!
コレは旨い!!!
天にも登る心地のスープだ。
他よりも少し高いが、それでこの昇天感が味わえるのであれば安いもの。

胡椒、水、辛子!
コ・ミ・カッ、コミカコミカッ!
a0122913_22274680.jpg

白たまり醤油ラーメン@935円
a0122913_22313352.jpg

ビジュアルはいまいち
a0122913_22315722.jpg

仕上げはそれはそれは美味しいソフト
a0122913_22324091.jpg

休み中にあと二回は行きたい
[PR]
by sa55z | 2011-04-30 22:35 | ラーメン

■ 初代

初代と書いて「しょだい」と読む。
今年もやって来ました、東武百貨店池袋の「初夏の大北海道展」
今年もやって来ました、南小樽のラーメン屋「初代」
東武では年に何回か「大北海道展」なるものを企画して、出てくる店もおなじみの顔になってきているが
ラーメンはその都度違うラーメン店が出店。そんな中、初代は毎年出てくる定番店になりつつある。

もう頬が落ちそうなとはこのラーメンの為の形容詞。
期間限定で5月5日まで。
初日の今日は醤油を頂きました。旨いです。東京醤油ラーメンとはかけ離れていますが,旨いです。
旨い旨い旨い。

催事場の一角に、46席と広く取ったスペースで、並んでいても待ち時間は少ないようだ。
今日は11時到着で列びはゼロで着席。
ラーメンが出てくるまでのもどかしさ。

醤油ラーメン@780円
a0122913_228174.jpg
a0122913_228990.jpg

さ、明日は塩を頂きましょう!
[PR]
by sa55z | 2011-04-29 22:19 | ラーメン

■ ムルギーへの道

それはそれは険しい道である。
裏を抜けていくということは、まさに渋谷のラーメン激戦区を抜けると言うことだ。
しかも、どこにも寄らずに、一杯も食べずに、一心にムルギーへ向かうなどということは,ある種の荒行の苦しみ。
このラーメンの森を抜けてこそ、麗しのムルギーに出会えるというものだ。
雑念を追い払い、一気にこの森を抜けてゆく。
a0122913_21384917.jpg
a0122913_21384225.jpg
a0122913_21383452.jpg
a0122913_21382666.jpg
a0122913_21381428.jpg
a0122913_21375045.jpg
a0122913_21373973.jpg
a0122913_21372797.jpg
a0122913_21371986.jpg
a0122913_2137933.jpg


そうしてやっとムルギーのカレーにありつけるというわけだ。
a0122913_2139382.jpg


しかし、私は精神的に弱かった。財布は少し強かった。
結果としてカレーの後に油そば屋に寄ってしまったのであった。
油そば@500円
a0122913_21403466.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-28 21:47 |

■ ムルギーへ

創業昭和26年というムルギーへ向かうべく,渋谷の駅を降りる。
敢えて道玄坂方面を避け、裏から回ってゆく。
途中の「ラーメン屋の森」を抜けるあいだ中めげそうになるが、そこは我慢の孝次郎。
最後の難関、ストリップの道頓堀劇場のお向かいの喜楽に流されそうになりながら、それでもやっとこさ
その裏のムルギーへ到着。
代替わりはしているそうだけれど、昭和の雰囲気たっぷりに美味しいカレーを頂けました。
a0122913_21493049.jpg
カレーの話でカレーの絵が出ないストイックさ。
[PR]
by sa55z | 2011-04-27 21:51 |

■ ある日の朝食

アヒルの朝食じゃないよ。
a0122913_21848.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-26 21:08 | 生活

■ 激戦区

高田馬場はラーメン激戦区ということらしい。
この街を歩くのは10年ぶり以上なので、その間にラーメン屋が増えたらしい。
さて、そんな激戦区から今回選んだのが「べんてん」
ラーメン情報blogによると、いつも長蛇の列だそうだが、今回は8人待ち。
列び始めてラーメンが出てくるまで35分であった。

周りを見回すと、つけ麺とラーメン比率は半分半分。自分はもちろんラーメンをオーダー。
目の前に到着して驚いた標準盛りは、何と普通のラーメンの倍はある。ちなみに100円増しの中盛りは650g。
体に毒は承知で完食。しかし予定していたもう一軒は流石にパス。

肝心のお味は、十分美味しい、そして20年ほど前の大勝軒本店を思わせる味と迫力。
しかしあのように長蛇の列をなすほどのものだろうか。あの量が人を引きつけるのか?

ラーメン750円(普通盛り) 割り箸の長さから、その器の直径を求めよ
a0122913_20434340.jpg

地味なたたずまいは美味の予感がした
a0122913_20442016.jpg

メンマは十分な量だが150円でメンマ増しってどうよ?
a0122913_2048518.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-25 21:13 | ラーメン

■ 地方区

井の庄本店が全国区なら、隣駅にに出来た支店は当然地方区。
トリシオブットイメン井の庄はまだまだ出来たてほやほや。
入ってみて、綺麗なカフェバー風で闘志が少し萎えてしまった。
井の庄の支店はすべてメニューがオリジナル。本店とは全く趣を異にする。
ここにはつけ麺はなく(ホッ)、ラーメンで勝負。鶏ガラの塩ラーメンにはふろふき大根が入っているなど独創的。
醤油は最後に魚油をかけた匂いが気になるが,混ぜ込むうちに美味しい魚介だしになっていった。
塩と醤油では異なる麺(自家打ち)を使用しているものの、本店と同じフトーイ麺で、コレはいけません。

いずれにしてもオリジナル創作ラーメンで、まだまだ色物の域を脱していません。スープは美味しいので麺を研究し、これからに期待。

醤油ラーメン
a0122913_2235386.jpg

a0122913_22355411.jpg

塩ラーメン
a0122913_22423896.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-24 22:46 | ラーメン

■ 全国区

久々に近所にありながら全国区にのし上がっている井の庄へ行ってみる。
いわゆるブレンドスープなのであるが,その味は絶妙。
ほとんどの人がつけ麺を食べている中、ラーメンをオーダー。量は十分すぎだし、チャーシューはデカ過ぎ厚すぎ。
しかし、この最近流行りの太麺はどうもいけない。ラーメンとは言えない。この細いうどんのような麺はある種の色物で、正当派を自称する私には厳しい。
この手の太麺を好む人が多いと聞くが,私的には彼らをラーメン好きとは呼びたくない。

トラディッショナルなラーメンを求めないのであれば,十分に美味しいラーメンではあった。

中華そば750円
a0122913_2135328.jpg
a0122913_21373665.jpg
a0122913_2137269.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-23 21:39 | ラーメン

■ 節電

電車の中も,駅も、地下街も節電で薄暗い。
あれっと思うほど暗いときもあるけど、致し方ないんでしょうね。
しかしどっかの国の地下鉄みたいだな、あの暗さは。
a0122913_8373188.jpg
a0122913_837427.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-23 08:38 |

■ 凶器

フランスパンが好きだ。
周りがパリパリで、中がしっとり穴だらけなのが美味しい。
しかし日本ではなかなか美味しいフランスパンに出会わない、出会えない。
あそこが美味しいと聞けば,行って買ってみるが、なかなかコレだというパンがない。
一押しは神戸のビゴのバゲットなのだけれど、コレも半日経つと表皮がフニャフニャになってしまう。
フランスパンは時間と共に,表面はカチカチとなり、凶器のようにならなくてはならない。
それで殴ればスイカ頭の一つや二つは割れなくてはいけない。それがビゴのパンにはない。
さてコレはどんなモンだろう。
a0122913_1956272.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-04-21 19:57 |