「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

■ 出し忘れの秋2

プラタナスの並木や銀杏並木で紅葉を見て感じて
葉が全部散って冬になる。

ここもまだ秋が浅かった。
a0122913_2131347.jpg

[PR]
by sa55z | 2010-11-30 21:32 |

■ 出し忘れの秋

綺麗な溢れんばかりの光の中で秋を待つ

a0122913_2058976.jpg

[PR]
by sa55z | 2010-11-29 21:01 |

■ 冬までもう少し

渋滞がイヤなので、わざわざ車で紅葉を見に行くことはないし、花見も行かない。
隣のうちの桜が邪魔なほど立派でウチの車を樹液だらけにしながら、こちらは桜を楽しめるし
通勤の並木道で紅葉は楽しめる。
さ、東京も冬までもう少し。

a0122913_2313339.jpg
a0122913_23125559.jpg
a0122913_23121784.jpg
a0122913_2312992.jpg
a0122913_23115763.jpg
a0122913_23115056.jpg
a0122913_23114260.jpg
a0122913_23112296.jpg

[PR]
by sa55z | 2010-11-28 23:15 |

■ 世にも不思議なお墓の話

こんなコピーの墓の宣伝が、大昔、新聞の三面記事の下に出ていた。
ま、ちゃんと墓を作らないと大変な事になると言う脅しのような広告。

スイスでは墓地は20年間の貸し出しで、その後はその場所を別の人が使うそうで永年供養も何も無いという。
子供が死んだ場合は、この時間が長いらしい。
20年という数字の根拠が何なのか不明であるけれど、短いような長いような。
私は結構合理的だな共感する。

不信心なウチは墓で困っている。
まず寺が墓地がらみでオヤジの宗派ではない所に決めてしまった。
良き墓地を見つけたら、宗派が違っていたがそのまま決めてしまった両親。
その後オヤジはキリスト教に宗旨替えをし、かといって先に死んだ母と別々な墓に入れるわけにもいかず
寺ともめつつも、とりあえず納骨はして、戒名はなしのまま。
洗礼名は墓石に彫れないという。しかり。
洗礼名を漢字で当て字にして墓石に彫るか。

私は墓に興味もないし、死んだら海にでも杯を撒いてもらっていいと思う。もうじきだ。
a0122913_22192057.jpg
a0122913_2219793.jpg
a0122913_22185589.jpg

[PR]
by sa55z | 2010-11-27 22:21 | 生活

■ iPad

こういう事が出来るならiPadは欲しいな。


[PR]
by sa55z | 2010-11-26 23:43 |

■ KIEVから

レンズを買った。
KIEVから到着した。
重い
安い
汚い
よく写る

a0122913_2033310.jpg
a0122913_20324882.jpg
a0122913_20324021.jpg
Kaleinar 150 f2.8 for Pentacon Six
[PR]
by sa55z | 2010-11-25 20:49 | カメラ/レンズ

■ 旅

仕事がらみの移動はあるのだけれど、目的もなくぶらりと出かける旅は久しくしていない。
もうそう言う旅はないかもしれないなとふと思う。

35F/TX
a0122913_204389.jpg
Nice
[PR]
by sa55z | 2010-11-24 22:02 |

■ まねっこ

ははー、彼はここで撮ったんだと関心しながら真似を試みようとしてみたが
たぶんあの人は開園前か閉園後に撮っていたんではないのかなと。
色々やったが駄目だった。
次回に期待、っていつ?

35F/TX
a0122913_22271914.jpg
parc de Sceaux
[PR]
by sa55z | 2010-11-23 22:29 |

■ 散歩

休みの日はユックリと、のーんびり散歩がしたい。

35F/TX
a0122913_2295619.jpg
parc de Sceaux
[PR]
by sa55z | 2010-11-22 22:13 |

■ 夫婦別姓

そう言う主義ではないのだけれど、ニョーボは会社では旧姓のまま。名刺も旧姓。
家では当然「ウチ」の名字では呼ばない。

私の事はどうかと言えば、ニョーボは今までずっと、私の事を、家の中でも外でも「名字」で呼ぶ。
珍しいと思いつつも、ずっとだから仕方がない。
子供の前ではパパ。それ以外は名字。

ところが、そう言う方がいるもので、南ア時代のある駐在員宅でも呼んでいた、旦那を「名字」で。
その山田家では、ご主人は「山田君」と呼ばれていた。客の前でも、子供の前でも。
いるところには居るものなんだとしきりに関心した。

Pentacon Six/Biometar80/TX
a0122913_4422720.jpg

[PR]
by sa55z | 2010-11-22 05:11 | ポートレート