「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ご案内( 22 )

■ 梅ちゃん先生 ジオラマ

スゴイ人がいるものです。
リアリティーの追求は希薄ですが、中身が細かく充実しすぎです。
家の中まで細かく細かく再現してるものですね。
例えば料亭の中の座敷の宴会料理の刺身まで、細かく再現。
恐ろしいまでの手作業でした。
@日本橋高島屋
a0122913_1827992.jpg

a0122913_535144.jpg
a0122913_532360.jpg
a0122913_582568.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-10-27 18:28 | ご案内

■ リトル・ピープル・プロジェクト

好きです好きですこういう写真。
もー大好き!
みんなで見ようリトル・ピープル・プロジェクト




a0122913_19203513.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-09-22 19:23 | ご案内

■ 久々の本物写真家

この方、しばらく追ってるんですが、あー写真家だなと思える方に久しぶりに出会ったと思います。
スナップの感性も凄いんだけど、浮遊のコンセプトは抜群だ。
レンズを楽しむんじゃなく、カメラをいじり倒すんじゃなく、周りの「綺麗な」風景の写真を撮るんじゃなく、レンズの写り方を云々するんじゃなく、ボケを論じるのではなく、解像度にあけするんじゃなく。
この方は本当に写真をやってるという感じ。すばらしい。久々の大物。この人、化けますよ。
よわよわカメラウーマン日記

お写真無断拝借。怒られちゃうな。
a0122913_654194.jpg

[PR]
by sa55z | 2012-07-01 06:55 | ご案内

■ マッシモ・リストリ写真展

「奥行きへのまなざし」と名付けられた写真展
入るなり、いきなり圧倒された。

サイズから8X10の大型カメラで撮られた、イタリアの図書館を中心とした写真群。
印画の大きさ(120㎝X150㎝)も圧倒的だが、その被写体のすごさに圧倒された。
コレが文化だ。コレがイタリアだ。コレが写真だ。
圧倒的だ。圧倒の洪水だ。
ああ、大判でこういう写真を撮りたい!

5月5日までの予定が、好評につき19日まで延長されている。
大判写真好き、欧州図書館好きの方々いかが?全部で40点。
九段のイタリア文化会館で公開中。

a0122913_2318326.jpg
a0122913_23203480.jpg
a0122913_23201339.jpg
まるで昔の杉本博司の作品を見ているような錯覚。
[PR]
by sa55z | 2012-05-10 23:25 | ご案内

■ アンチャーテッド3

もうコレは買いです。
久々食指が動いた。



taroyasuをフォローしましょう
[PR]
by sa55z | 2011-10-24 22:03 | ご案内

■ セーラ・ローエル逝く

お、そんな女が昔いたよね、と色々見てみたら、おおっ、あのセーラ様が逝ってしまっていた。
わたくし的には過去一番の女だった。
2番目は笠井紀美子で、なんか趣味がパターン化されている。
まだ、50歳。歳取ったセーラも見てみたかった。

a0122913_19382474.jpg

横木さんはこの手を結構撮ってたよね。無断借用ご免なさい。



taroyasuをフォローしましょう
[PR]
by sa55z | 2011-06-29 19:40 | ご案内

■ 提言

今この瞬間にも、必「死」で現場で体を張っていらっしゃる方が何十人もいる。命を賭して戦っている人がいる。
国は,事業主は

1.彼らの給与を4倍に引き上げ、定年まで適応する。
2.定年時は4階級特進で退職金を受け取れること。
3.万が一の際は,最良の医療が受けられるように、手配されること。

無責任に頑張ってとは言いづらいのですが、固唾を飲んで見守っております。
a0122913_2245467.jpg

[PR]
by sa55z | 2011-03-20 22:46 | ご案内

■ 頑張れ! 東京電力

もどかしい説明が東電から続いている。
はっきりしたことを言わないし,言えないのだろう。
どうも官僚的な発言が多すぎるような気がする。
我々は、何が起こっていて、どう対処すべきかのインジケーションが欲しい。

会社でこの炉心融解の話を持ち出しても、花粉の飛散状況の話と同レベルになってしまって一切現実味がない。
一部には「自分はもう良いんです、行く場所もないし」とあきらめている人もいる。
が、一様に危機意識は乏しい。想像を絶する事態なので現実味を帯びないもの考えられる。

そんな中で、現場の最前線で対応に、それこそ「身を挺して」作業されている方々がいる。
そして、さらに志願をして島根から渦中に飛び込む人もいるという。
仕事?とはいえ、もう頭が下がるレベルではない。彼らはまさに「必死」で我々を、日本を守ろうとしている。
頑張れ,東京電力。しかし何と無責任な言葉だろう。
果たして自分にそんなことが出来るだろうか???

今日は飛行機のチケットの予約状況を見て見た。空席だらけ。
日本を脱出しても長期に身を寄せるところはないのは、私を含めた一般の人の現実だ。

炉心融解で小康状態などはないだろう。ここ数日で何らかの結果が出ると思う。
4機が融解した場合は,日本全国に影響が及ぶともいわれ、関西も九州も北海道も厳しい。逃げる所はない。
甘んじて事態を受け入れるか。家族だけでも逃がすか。
とりあえずパスポートを今週中に手配する。
しかし私は日本を離れることが出来ない。

原子力資料情報室(反原発系の団体)の「福島原発の危機について私たちは考えます」
相当厳しい内容です。
その中に「可能であれば、福島原発から、できるだけ遠くへ離れることがベストです」とある。
どのくらい遠くだ??800Kmで足りるのか??

ニョーボーの会社の取引先の東京の会社は本日より休業。
社員にも避難勧告を出して、社長は避難を開始。その根拠は信頼に足るもので,ウチも相当動揺している。
[PR]
by sa55z | 2011-03-16 22:13 | ご案内

■ 2号機メルトダウンか

どうして政府も,報道も何も言わないのか。言えないのか。
炉心溶解後の予測される事態は早めに発表すべきだろう。
有事の際は津波被害などでは収まらないだろう。
何百万か数千かは不明だが、せめて逃げるべき方向(地域)ぐらいは指示が欲しい。

詳細な風向情報が欲しい。
[PR]
by sa55z | 2011-03-15 06:30 | ご案内

■ Blog休止のご案内

大地震被災で亡くなられた方々のご冥福を祈りつつ、blog更新をしばらく自粛致します。
[PR]
by sa55z | 2011-03-12 17:22 | ご案内