「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:カメラ/レンズ( 58 )

■ 大判カメラ

何の気無しにぶらりと昼食場を探しに入ったビルの中にそれはありました。
よかった、この時期で。昔だったら通っちゃいます。
しかしですね、今時この値段。
一桁多いような気もしますが。
a0122913_22304685.jpg








[PR]
by sa55z | 2014-11-19 22:32 | カメラ/レンズ

■ Made in Japan

今時、すごく珍しくなってしまった「Made in Japan」
しかし気になるな。何処で作っているんだろ。
コシナかな?

a0122913_20380070.jpg
a0122913_20381311.jpg









[PR]
by sa55z | 2014-10-08 20:39 | カメラ/レンズ

■ Carl Zeiss Tessar

Carl Zeiss Tessarって言われても
これじゃありがたみがあまりない。
それ以前に本当かなと。
被写体がTessarならと、Summaron35で寄ってみた。
音は確かにいい感じ。
a0122913_05440032.jpg
a0122913_05434957.jpg
a0122913_05434059.jpg
写り込みはちゃんと対処すべきだな









[PR]
by sa55z | 2014-09-29 05:46 | カメラ/レンズ

■ XF56f1.2と言うレンズ

XF56f1.2と言うフジの明るいレンズがある。
名人たちが結構素晴らしい写真を発表している。

全ピン至上主義の私がボケを語るのはお門違いということだろうが
何だかな、このボケ。判断はつきませんが・・・。

a0122913_21383318.jpg
a0122913_21384570.jpg








[PR]
by sa55z | 2014-09-09 21:40 | カメラ/レンズ

■ yoshipassかめら

もう、これぜってーほすい!!!!!

a0122913_10025687.jpg

[PR]
by sa55z | 2014-06-23 10:03 | カメラ/レンズ

■ film行

新潟へ撮影に行こうと思った。
私の感覚で言えば、新潟は2-3時間の距離。勿論東京感覚。
ネットの乗り換え案内などを見ていたら、なんと飛行機で行けとある。次には東京まで新幹線で行って
東京からまたまた新幹線で新潟まで行けと指示が出る。

まさかそんなはずはないと、在来線で検索すると、なんと特急を使っても9時間!!!
08:15発 → 17:20着で丸一日つぶれる。そして帰ってこられる目処無し。
大阪からの新潟はまさしく地の果てである。

久々のラーメン目的撮影目的の旅行だから、終焉を迎えつつあるfilmカメラを持って行こう。
はて、どちらを携行するか・・・・・。


私の歴戦の友。Minolta AUTOCORD。
ローライよりもいいと思っているこいつ。
a0122913_11171905.jpg

軽量バカ切れのGS645S。
切れまくりのこのレンズでスナップを撮るか・・・。

a0122913_11174575.jpg



[PR]
by sa55z | 2014-06-21 11:27 | カメラ/レンズ

■ シャッターの死

テレビの現在の画素数はフルハイビジョンで200万画素。 
今一人気のでない4Kテレビが800万画素。 

しかしブルーレイ以上(40倍)の大容量メディア(HVD)の規格はすでに発表されており、来年あたりは発売が期待出来そうだから、
記録メディアが出来れば、一気に4Kや3200万画素の8Kテレビが登場することはそんな遠い未来の話しではないだろう。 

大容量データの8Kテレビが登場し、8Kなってやっと高級デジカメの画質をそのまま反映できるテレビになっていくのだけれど、
そうなると、多分我々の撮影機材も否応無しに8K対応になってくる。 

前置きが2回に渡って長~くなったけれど、ここからが本題。カメラの話し。 

8Kで撮影が出来て、たとえは60フレーム/秒(つまり1秒間に60枚の写真の連続)のビデオカメラ 
これを搭載するデジカメが数年で一般的になって、そうなるとシャッター押す事の意味が曖昧になってくる。 
決定的瞬間のシャッターチャンスの意味も技も希薄になっていく。 
いい表情をずばり捉えた「その瞬間」の意味が希薄になっていく。 

そう、HVDカメラはシャッターを押さずして、1秒間に8K画質で30-60枚、場合によっては120枚の写真が手に入る。 
そこから一枚選べばいいだけだ。 
多分、いやほとんど確実にシャッターカメラは終焉を迎え、カメラはビデオ化していく事は想像に難くない。 
スイッチを入れて静かに被写体にカメラを向ける私たち。 
家では膨大な量の絵からベストショット選ぶ作業。 
そんな未来像が見えだした。 
大変残念な事だが、シャッターカメラの終焉はすぐそこまで来ているような気がする。 
そして、皆、M3のシャッターは良かったねと昔を懐かしむのでありましょう。 

もう、GoPro3は4Kで15フレームではあるものの、その撮影が一般的になりだしている。 
エクサバイトの世界はすぐそこまで来ている。
a0122913_21282542.jpg

[PR]
by sa55z | 2014-04-03 21:52 | カメラ/レンズ

■ 解像度 と言うか画素数というか

フルハイビジョンになって、ブラウン管世代の私など、もうテレビの美しさは目を見張るものがあって
女優さんが気の毒な程、顔の肌が化粧が毛穴が「よく見える」のであります。
でね、フルハイビジョンは1920X1080=200画素って計算で良いのかな。
と言うことで、これが正解なら、200万画素って結構な画質なわけだ。

で、最近やっと出てきた4Kテレビ。これも計算すれば820万画素なんだね。(たった)
さらに将来を見据えると8Kテレビになって、やっと3310万画素になって、デジカメのフルサイズに近くなるんだね。

来年にはブルーレイを大幅に上回る規格のメディア(たぶんDVDやCDのサイズ)出て来るらしく、今後デジタルは想像を絶するエクサバイトの世界に突入するんだろう。

つづく

FHD(Full-HD)1080p                                1920 X 1080       16:9                   2,073,600    200万画素
4K QFHD(Quad-Full-HD)                          3840 X 2160       16:9                   8,294,000    800万画素
8K                                                      7680 X 4320       16:9                  33,177,600      3300万画素


a0122913_19271841.jpg



[PR]
by sa55z | 2014-03-31 19:39 | カメラ/レンズ

■ マイクロフォーサーズ 互換性

マイクロフォーサーズ(MFT)のいいところは、軽くて小さい、素晴らしいレンズが揃っている、そしてなにより写りがよい。
BLOGで使うのならもうこれで十分すぎておつりが来る。
パナのレンズもオリンパスのレンズも、そしてシグマのレンズも互換で使える。

しかし、そして、もしやと思い、オリンパスのVF-4をパナに付けようとしたら、果たして駄目だった。
なんだよ、こう言うのも互換にして欲しかった。

ところでこのVF-4は「1.48倍のファインダー倍率、高精細236万ドット高解像度液晶、視野率100%の電子ビューファインダーです」
と高らかに謳って、そりゃ昔のEVFに比べたら雲泥の差であるけれど、当然ペンタプリズムのファインダーには遠く及ばない。
だって高々236万ドットだよ。240万画素の液晶なんて有史以前の見え方でしょ。
小さくても、SONYのα7Rまでとかいかないまでも2000万画素ぐらいになると見え方に過不足がなくなるのではないかな。
がんばれメーカー、後2年位で作ってね。

a0122913_22234509.jpg
a0122913_22240313.jpg
a0122913_22243130.jpg




[PR]
by sa55z | 2014-01-15 22:30 | カメラ/レンズ

■ α7試写 標準ズームで

先輩が、ボーナス時期でもあるし、α7を見たいというので、SONYの大阪へ行ってみた。
彼のチョイスでα7と標準ズーム(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)で撮ってみた。
なかなかのキットレンズ。これいいかも。

1/80 F5.6 ISO800 70mm
a0122913_64026.jpg
a0122913_6393564.jpg
a0122913_639745.jpg
a0122913_6384636.jpg


どうも大阪近辺では、プロないしカメラ歴の長いひとは「R無し」のチョイスが多い。
オールドレンズで周辺落ちや色かぶりを楽しむより、現在のデジレンズで完全に
ボディーとオプティマイズされた物を選ぶ方が吉だろうね。
ちょっと欲しいかな。
[PR]
by sa55z | 2013-12-11 06:48 | カメラ/レンズ